ご挨拶


槙田新会長  梅雨の候、玉翠会報の季節となりました。

 今年は初の試みとして総会後「高松玉翠会ビアガーデン」が開催しました。各地での玉翠会は、総会後の懇親会は恒例となっていますが、高松本部玉翠会は10年節目の120周年とか110周年記念と10年に1回の開催でした。
 今年は、佐藤副会長のご尽力で、又、若い皆さんの絶大なるご協力を得て懐かしい市の中央球場、蒲鉾型体育館跡地の中央公園で、屋外での開催となりました。多少のリスクは有りましたが、過去のデーターから5/27は晴れの日が多いとの情報で、総会終了後の16時にスタートしました。当日は快晴、気温も30度近く、16時前でも強い日差しで、熱中症、日焼けに注意の天候でした。参加金額は2000円、前売チケットは1000枚以上の売れゆきで、飲み放題、吹奏楽部OB、応援団OBの出演他、生バンド演奏も有りの懇親会で886名の来場者で、大いに盛り上りました。懇親会後は、古馬場方面に向う方も多々見うけ、プチ同窓会の気分で楽しい時間を過ごす事が出来たのではとの思いです。又、仕入れや設営に多大なるご協力を頂いた会員の皆様に厚くお礼申し上げます。
 今後、この様な催しは、まずは何年かに1度の定期開催を目指して、経年の「尻窄み」「マンネリ」にならぬ様に、計画実行したく思います。

 又、以前から、皆様にご理解を頂くべく、お話をさせて頂いていましたが、今回の総会で伝統ある玉翠会を継続させる為に、年会費の最低ラインを2000円に引き上げさせて頂きました。
 これからも「玉翠会」の維持発展の為に、又我々を育ててくれた高松高等学校への恩返しと、現役後輩諸君への励ましの為にも、是非とも皆様のご理解をお願い致します。

 最後となりましたが、会員皆様のご多幸、ご健勝を祈念申し上げご挨拶とさせて頂きます。

玉翠会について

玉翠会は、旧制高松中学校の同窓会「玉藻会」と、同じく前身である旧制香川県立高等女学校の同窓会「晩翠会」が合同して設立されました。本部は高松にあり、関東・関西・徳島・岡山・東海支部から構成されます。教員にも玉翠会の会員(つまりは高松高校の卒業生)が多く、校舎5階にある玉翠会館(ホール)は玉翠会会員の寄進で建てられたものです。

● 組織と役員   ● 歴代会長   ● 会則


玉翠会玉翠会玉翠会玉翠会玉翠会玉翠会

上に戻る

組織と役員

本部

会長槙田  實
副会長 脇 和子
久米  房之助
牟禮 明
間島 賢治
佐藤 哲也
加藤 宏一郎
常谷 忠克
顧問岡野 美代子
大西 大介

東京玉翠会

会長 渡辺 修
副会長三崎屋 義正
 小島 豊子
 土居 範行
事務局 土田  充

関西玉翠会

会長樋口 順一
副会長 岡 健
高木 幹夫
 森 泰藏
副会長兼事務局田島 朋子
常任幹事長三舩 司郎
顧問島田 淸隆

岡山玉翠会

会長多田 讓治
副会長兼事務局長仁木 壯
副会長兼会計片山 美穂
名誉会長 辻󠄀 孝夫
太田 武夫
河野 一郎
顧問山下 一盛

徳島玉翠会

会長長尾 哲見
副会長兼会計中村 芳正
副会長香川 典子
副会長兼事務局長坂口 英則
副会長松原 淳
監事寺嶋 吉保
名誉会長渡邊 謙
顧問渡辺 恒明
渡邊 恵子

東海玉翠会

会長入倉 憲二
副会長山田 久雄
森棟 公夫
事務局菅野 正朗

平成29年現在

上に戻る

歴代会長


初代 細渓 宗次郎
2代 今澤 義三郎昭和28.3〜昭和40.1
3代 諏訪 亮平昭和40.1〜昭和53.4
4代 綾田 整治昭和53.4〜平成3.12.2
(平成3.12.2名誉会長就任)
5代 大西 潤甫平成3.12.2〜平成9
6代 多田野 久平成10~平成17
7代 大西 大介平成18~平成25
8代 槙田 實平成26~

上に戻る

会則


第1章 総 則
(名称)
第1条  本会は香川県立高松高等学校玉翠会と称する。
第2条  本会は会員相互の連絡と親睦を図り、母校の発展を期するを目的とする。
第3条  本会は前条の目的を達するために次の事業を行う。
1.会員名簿・会誌の発行
2.会員の慶弔
3.講演会その他適当と認める事業
第4条  本会は本部を高松高等学校内に置き、支部は各地の会員の希望によりこれを設けることができる。
第5条  本会則の変更は、代議員会の決議による。

第2章 会 員
第6条  本会員を分けて、通常会員と特別会員とする。
第7条  通常会員は、高松中学校、高松高等女学校・旧高松高等学校・旧高松女子高等学校・高松高等学校の、卒業生及び準卒業生をもってあてる。
第8条  前条の学校の職員であった者及び現に職員である者を推して、本会特別会員とする
第9条  本会通常会員は入会の際入会金を納め、毎年会費を納めるものとする。

第3章 代議員
第10条 代議員は、各卒業年度の通常会員から、男女各々2名を互選する。
第11条 代議員は、同期生の消息・住所の調査報告を行い、代議員会を構成して議案を審議し、これを議決する。

第4章 役 員
第12条 本会に次の役員を置く。
1.会 長   1 名
2.副会長   若干名
3.理 事  40 名以上
4.監 事   3 名
本会に理事会の議を経て、名誉会長、顧問を置くことができる。
第13条 会長及び副会長は、理事の互選による。
理事及び監事は、代議員会において選出する。
第14条 会長は本会を代表し、会務を総括する。
副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、会長の任務を代行する。
理事は理事会を構成し、会務を処理する。
監事は会計を監査する。
顧問は会議に出席し、意見を述べることが出来る。
第15条 役員の任期は2ヶ年とする。但し重任を妨げない。

第5章 会 議
第16条 理事会は会長が適宜招集し、次の事項を処理する。
1.総会及び代議員会の決議事項
2.同窓会名簿・会誌の編集発行
3.会計事務
4.職制その他会務執行に関する規定の作成
5.その他本会の運営に必要なる事項
第17条 代議員会は、会長の招集により毎年一回開催し、次の事項を審議決定する。但し必要ある場合には、会長は臨時にこれを開くことができる。
1.会務報告及び事業計画の承認立案
2.予算決算の審議
3.理事監事の選任
4.会則の変更
5.総会において委任せられた事項
6.その他本会の運営に必要なる事項
第18条 総会は会長の招集により開催することができる。
総会においては、次の行事を行う。
1.会務及び会計の報告
2.会員の親睦を図る行事
3.その他本会の運営に必要なる事項の審議決定
第19条 理事会代議員会並びに総会においては会長がその議長となり、出席者の過半数の同意を得て議案を決定する。可否同数のときは、議長の裁決による。

第6章 会 計
第20条 本会の会計は、通常会員の入会金及び会費並びに特別寄付金による。
第21条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月末日に終る。

第7章 支 部
第22条 支部の規約は各支部において適宜定めるものとする。
第23条 支部の代表者は本部の理事たる資格を有し本部支部間の連携を密にする。

付 則
この会則の改正は、平成26年6月7日から施行する。

上に戻る

慶弔規定


【慶弔】
第1条
会員ならびに関係者の慶弔については次の基準により慶弔金もしくは記念品を贈る。
(1)玉翠会長及び会長経験者の死亡                 10,000円
(2)香川県立高松高等学校校長及び校長経験者の死亡         10,000円
(3)以上のほか卒業生が褒章等を受ける等、特に必要と認められた場合、
会長決済によりこれを実施する。
第2条
各部会・各支部の年次総会については次の範囲内で会長決済によりこれを贈る。
各部会・各支部 年1回に限り50,000円から150,000円の間
第3条
本規定は平成28年6月11日より実施する。

上に戻る